太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリットとは?

太陽光発電のメリットとは?
一番に考えられるのが、買電できることでしょう。自宅で電気を発電し、更にその電気を売って収入に結び付ける事ができるのです。冬や雨の日などは売電はできませんが、太陽が出る日が多い夏には電気を売ることが出来るようになります。電気を売った時には買う電気はゼロとなるため1年間で見ると、トータルでかなり電気代が安くなるケースもあると言います。
発電した電気は蓄電池が無ければ備蓄する事はできません。通常はそのまま発電した分を電力会社へ送電し、買ってもらう方法を利用します。電気が足りない時や、発電できなかった時は逆に電気を買わなければなりません。売電した料金は指定の口座に振り込まれ、同じ口座で通常の電気代を引き落としにしておくと、月によっては支払いがプラスマイナスゼロとなる時もあります。
一度設置してしまえば長期間発電することができ、設置料金の支払いが終われば、買電料金はそのまま収入とする事ができます。太陽光発電の耐久性やメンテナンス料を考え、買電価格とのバランスを見ながら計画を行なってみると良いと思います。一生発電し続けるのは無理ですが、一定期間は収入を生み出す機械となることは間違い有りません。電気料金の買い取り価格が高い時期に設置すると、更にお得とも言われています。

関連情報